ダメな音色はもう嫌!ピアノ調律師の見極め方

ピアノの練習に勤しんでいると、段々音がずれてきたような感覚になることはありませんか。実はピアノは、使用しると徐々に音がずれてくるのです。包丁なんかも、使い続ければ段々となまくらになってしまいますよね。それを防ぐために、定期的に砥石などで研いでいくと思うのですが、ピアノも砥石で研ぐような行為が必要になるわけです。
ちなみにピアノの場合は、使用していなくても音が徐々にずれてきます。この点が刃物と違うところですね。
そのような場合に大切なのが、ピアノ調律師 依頼をすることです。刃物は自分で研げますが、ピアノに関しては自分ではできません。専門的な知識が必要になりますので、決して自分でやってはいけません。必ずピアノをケアする際には、ピアノ調律師 依頼する必要があるわけです。

調律の道具 ピアノの奥
ちなみに、期間としては概ね一年間が目安となります。それを過ぎたら僅かながらでも音がずれている可能性がありますので、ご自身の耳で確認をしきれないとしてもピアノ調律師 依頼をすることが必要になるでしょう。
こうしたことが煩雑であると思われるかもしれませんが、そのようなことは一切ありません。例えはおかしいですが、普通に出前をお願いするような感覚で十分ですよ。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA