ピアニストと調律師は一心同体!?意外と知らない関係

いかなる分野においても、ある一定のラインを突破するには一人だけの力では不可能となります。どうしても他人の力が必要になるわけですね。特に顕著なのがスポーツです。
例えば野球においては投手と捕手の阿吽の呼吸が必要ですし、テニスやバドミントン、卓球などでもダブルスではお互いの意思疎通が無意識のうちに図れていないと勝ち切ることはできません。勝ち切ると言えば、競馬における競走馬と騎手の関係もそうなるでしょうか。

ピアノ奏者
このように、高みを目指すのであれば周囲のサポート込みで突き進んでいくしか方法は無いわけですね。
これは音楽の世界でも同様です。特にピアノに関しては絶対と言って良いでしょうね。
ピアノは、演奏者の他にもピアノ調律師という欠かせない存在がいます。どんなに優れた演奏者であっても、このピアノ調律師のサポートが無ければ間違いなく感動させる旋律を奏でることはできません。
しかし、これもいちいち演奏者が口を出すことはありません。あくまでもプロとして認めているピアノ調律師に、全ての音階を委ねているわけです。これはもう信頼関係なしでは成立しない関係ですよね。
自分では人々を魅了する旋律を奏でることはできないかもしれませんが、このように陰ながらサポートをすることも出来るわけです。この点は、スポーツと一緒ですね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA