絶対音感を手に入れる為には調律が命?調律が大切なわけ

絶対音感

楽器を演奏したり音楽を勉強する上で有利になる絶対音感。身に付けるには幼少期のうちに正しい音程の楽器で演奏することが大切です。特にピアノの場合、自分で調律をすることは不可能なので、調律師を呼んで調整してもらうことになります。調律師 音感は相対音感主体で行うので、来ていただく調律師 音感は特に気にしなくて良いでしょう。

それよりも、ピアノの調律をきちんと保った状態を続けることが大切です。ピアノは調律後から徐々に音程がずれていく楽器です。楽器が新しいうちは音が狂いやすいので、少なくても半年に1度は調律を行いましょう。弦の伸びが安定してきた後も、きちんとした絶対音感を身に付けたいのであれば、1年に1度は調律を行ってください。
調律が不要な電子ピアノであればいつでも正しい音程が鳴るので完璧な絶対音感が身に付くことでしょう。

しかし、アコースティックピアノでは少なからず調律がずれていて完璧ではないことが多いものです。そんなピアノを演奏する場合、あまりに絶対音感が完璧だと、ほんのわずかな調律の狂いでも気持ち悪くて弾けない、といった弊害も出てきます。あまり完璧を求め過ぎないよう、ピアノはアコースティックのものを調律師 音感を育てるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA